試される時

efitb

スノーボードシェアリングサービス
eFiT-B
間も無くクラウドファンディング開始する予定です。

このプロジェクトは完全にユーザーが求めてるものを作りたいので、クラウドファンデイングでユーザーさんたちの意見を吸い上げていきます。

シェアリング事業では稼ぐつもりは特になく、
一人でも多くの人が、1日でも多く、スノーボードを楽しんでもらう事が目的です。

さて、準備と勉強です。

今日は「革命のファンファーレ」読んでます。
めっちゃ勉強になる!!!

100人の身体で修行

秋にオープンする予定の健康美容サロンは、春以降に延期しました。
でも、店長をしていただく福亀さんには新しい手技を学んで頂きました。
神の手15選に選ばれた楽健道 京谷先生から。

そこで課せられたものが、
100人の身体を診て実践していく!
です。
それをしてから合格証をもらって、初めて人からお金を頂けるそう。
FullSizeRender 2
第一号です。
SNOVAさんに間借りしました。

春までに100人で修行してくださいね。
宜しくお願いします。

話は変わりますが、
田舎で訪問診療したいですね
身体がうまく動かないお年寄りや、農業に疲れた人の身体を整える
社会貢献にもなるなと
医療費も上がるし、予防医療は欠かせなくなりますしね。

ピンピンころりでいきたいですね笑

ビーフマン六本木店

お友達の行きつけのお店、ビーフマン六本木店。
嫁が最初に行って、良かったと言ってたので、二人で行ってきました。
FullSizeRender
和牛の握りをどれだけ美味しそうに撮るか選手権 笑

美味しいし、格別に安くしてくれたのでとても満足しました。
お店は野球選手と有名人のサインだらけ。
1ヶ月に2回くらい行きたい 笑

ごちそうさまでした。

未来

最近少し勉強してこのスノーボード業界の未来を客観視することができるようになった気がするのでテキトーですが書き留めとこうかと思います。
と言っても僕の主観混じりなので、真面目に見ても損するかもしれません。

まず衰退しているように見えるこの業界に関して。
多くのスポーツ業界は軒並み人口減が叫ばれております。だいたいどのスポーツもピーク時の4~6割減に至っております。
それはこの国が超高齢化社会を突っ走っているからです。
通常、高齢化、高齢社会、超高齢化と段階を踏むらしいのですが、
高齢化に至るには世界を見ても60年〜120年程度を要するらしいのですが、日本は24年の速度で高齢化に達し、すでに超高齢化におります。
気づかないうちに、恐ろしい速度でこの国はすでに非常事態宣言をしている状態になりました。
なので、毎年毎年の消費が同じ状態や微減などと考えていると取り残される状況になります。
現在団塊世代の50後半~60代、そして、団塊世代ジュニアの40代が、日本の体力と消費を保持していましたが、これらあと4~7年もするとバブルがはじけたように経済は衰退していきます。
もうどれだけ外国人が入って来ようとも、底上げが期待されないという話になっています。
よって、スノーボード用具の販売が落ちるのは当然です。
24年前はスノーボードバブル前後ですかね。
今後は2025年問題が控えており、65歳以上が3600万人に達し、6200万人程度が平均個人年収350万円で支えなければいけない未来が控えています。
そして、世界の生活水準の底上げが影響し、日本の世帯収入格差も開いてしまっています。
高所得層と、低所得層の二極化が進んでいくのと同時に、消費価格帯の二極化も進んでいきます。
中間価格帯商品の消滅が始まるので、安いものか、高いものしか売れない現象になっていきます。
そして、中間層の消滅により、スノーボード人口減、さらにはゲレンデへ行く回数の現象が始まります。
ゲレンデへ行く回数が減ると、消費の減退加速につながります。
年1,2回しかゲレンデに行かないのであればレンタルで十分です。年10回行くなら買い揃えたほうがお得です。
なので、ゲレンデに行く回数が減る=消費の減退=メーカー・ショップの売上減になります。
これは抗えない超高齢化の流れだと思ったほうがいいですが、このままだと後に続く若い人たちの努力が水の泡になってしまいかねないと思っています。

次に価値基準の多様化がインターネットの出現で起こりました。
大量生産・大量消費が起こりづらいのはこのためでもあると思います。
インターネットで大量の情報が得れる時代になり、昔は無理をしてでもブランド品を買うことが自分のアイディンティティーを確立する手段の一つでもありましたが
現在はモデルの方達でもファストファッションを好んだり、DIYが流行ったりするのは、情報がインターネットの出現でオープンソース化し
多種多様な情報が手に入るため、価値基準だったり幸福基準の振り幅が広がったために思います。
このため、無理に高価なものを手に入れてアイデンティティを確立する必要はなくなり、むしろ費用をかけずにそれなりに見せることも価値となってしまっている現状が
いわゆるスノーボードブランドの消費減退、売上減退に繋がっていると思います。
この価値観は、インスタに見られる、インスタ映えなどの現象に代表されると思います。
つまり、それなりに見せることが価値や満足感を得られるようになってしまっているということになり、追求することが若者を中心に希薄になっているように思います。
もちろん逆に、本物思考や超高級思考、質重視の人がいますし、そこが価値基準の多様化によるものだと思います。

なので、未来は少し暗黒の道を進む限りですが、少しでも次に続く才能のある若者たちのステージを残して行くため、
自分たちの好きなフィールドを保持して行くためには、スノーボードを少しでも続けられる環境やサービスだったり、多種多様な価値を用意しておく必要があるように思います。
スノーボードはアウトドアやレジャー、スポーツの中で、比較的金銭の障壁が高いスポーツに分類されると思います。
その分多種多様な価値が用意されているほうだと思いますが、高級志向者へのサービスの充実だったり、逆に気安く安価で回数を重ねられるサービスの充実を図るべきだと思います。
そうして、シーズンにスノーボードに行く回数が増えれば消費減少は多少は抑えられると思うので、
#ショップに行こう ではなく #ゲレンデに何回も行こう と唱えたほうがお店とメーカーのためになるのではないかと思います。

まあ極端な話ではありますが、それに近しい未来が差し迫っています。
ライダーは何を目指すかによりますが、結局足元から崩れると伝えたいものも伝えられないと思うので、そろそろハードコアな事も残しながらリアルな日本の現状も直視し支えなくてはいけないかもしれません。
ちゃんちゃん。

私事ですが・・・

先日11月22日のいい夫婦の日に入籍いたしました。
15193478_1165759810183183_1836183345430575758_n

直接報告できていない方もいらっしゃいますが、この場を借りてのご報告となります事をご了承くださいませ。

婚姻届を提出してから、両家への挨拶を済ますという順番が少し逆でしたが、挨拶も先週無事行わせていただきました。

結婚にイメージがあまり持てず、まさか結婚する日が来るなんて夢にも思いませんでしたが、
前に書いた潜在意識のヒーリングのおかげで、周りに心から感謝できるようになり、自分の心に素直になる事ができ、
支えてくれていた人の存在の大切さに気づき、結婚へと至りました。

結婚へのイメージはあまりいいものは持っていませんでしたが、いざしてみると心の余裕が生まれいいものだなと思えるようになりました。

最近もすこぶる調子が良く、いい出会いやアイディア、情報をどんどん引き寄せています。

来年の夏頃から小さな経営者になってるイメージまであります。
今も自営業のような状態ではありますが、やはり自分一人では限界があります。

そして以前は愛についてよく考えていましたが、最近は循環について強くイメージしています。

循環はこの世の法則です。宇宙も、魂も、身体も、地球も、すべて循環エネルギーで成り立っています。
だから自分のところや、一箇所のところで止めていてはその循環が滞り、悪くなってしいます。
なので、常に循環をイメージして取り組もうとするとスムーズに物事が運ぶ気がします。

お金も循環です。イヤイヤ支払いをしているとますますお金が離れてしまいます。
お金を支払うと、支払った先の人たちの生活が潤います。また対価として何かを得ているはずです。
お礼を言って支払うくらいがいい循環を起こし、結果自分のところにまた返ってくるでしょう。

そして小さな循環が、やがて少しづつ大きな渦になり、周りの人を巻き込み、大きな大きな渦を作っていく事になると思います。
どうせ渦を起こすなら、いい渦を起こしていきたいですよね。

という事で、いい循環を起こせるよう、常に還元を行っていけるよう心がけていきたいと思います。

これが無意識にできてる人って素敵ですよね。

さて。。という事で、僕もまずはお嫁さんに感謝を還元しなくっちゃ!