【資産構築の基礎】長期・分散・積立を活用して、お金の不安と心配のない生活【海外オフショア積立】比較あり

将来!老後にゴリゴリずーっと働かなくて良いように、自由でゆっくり、快適に暮らすための準備してますか?

個人的に取り組んでいる、海外オフショア積立!

良いものなので、シェアしたい思いもあり書き残していきます!

 

老後になってもゴリゴリ働き続ける人生よりも、老後はゆっくり好きな仕事だけちょっとやり続けるくらいが丁度いい!

そのために、今からできる事をコツコツ取り組む。

大切なのは損しない事!そして求めすぎない事!バランスです。

この記事はどんな内容?

将来お金の不安や心配から解放されるために、コツコツ資産構築をして自由でゆっくり・快適な生活を送るための情報を提供します

 

投資によって得られる未来とは? 自由でゆっくり、快適な利息生活!

・最低限の生活に困らないお金を得ること
・時間とお金の自由を得ること
・お金の心配と不安から解放されること
・仕事がなくても困らないこと
・寝てても遊んでてもお金が入ってくること

日本に住んでいると、少し夢のようなお話。

でも僕が出会ってきた海外の人は、割とそんな生活をしている人が多かった。(みんな人生遊んでる!)

アメリカやイギリスだとお金の教育は学校でもされてるし、

教育が違う。でも日本じゃお金の話はタブー。だからみんな苦労しています。

 

日本でも、ちゃんとマネーリテラシーを身につけた人はみんな、自由でゆっくり、快適に生活している。

知識の差、情報の差、行動の差、で格差が拡大されている事実があります。

僕は20代半ば、スノーボードに  のめり込むあまりに、消費者金融、リボ払い、借金の常習犯になっていました。。

そんな辛い生活から抜け出して、振り返ってみて以下のように感じました。

人生は、知ってるか、知らないか。やるか、やらないか。の差でしかない!と。

 

僕は、将来お金に不安のない生活を送りたくて、海外で積立をはじめました。

 

今年で資産構築は、もう5年目に突入。

積立を29歳の時に毎月5万円で初めて、4年目に月9万円に増額、最近は月20万円に増額したので

今まで以上に早いペースで資産構築します!目指せ55歳で2億!目指せファイナンシャルフリーダム!

(2年後には積立額を30万には増額したい)

将来、お金の心配や不安をなくすなら、働かなくてもお金が入ってくる仕組みを作るべき!

それがファイナンシャルフリーダム

 

 

寝ててもお金が増える、寝ててもお金が働く、そんな状況を作り出してくれるのが、金融資産。

基本は株式、債券、不動産この3つ!

不動産は負債を伴うので、僕はしばらく手を付けません。

一括で買える状況なら検討します。

(FXや短期トレードも労働なので僕はやりません。レバレッジを効かせたハイリスクの投資もやりません)

 

投資とは!

リスクを極力抑えて、安定したリターンを得る事

リスクを取ってまで、大きなリターンを求める!これは投機、ギャンブルです

安定したリターンや投資とは、せいぜい年間平均5%〜10%程度の範囲内です。

求めすぎず、不足しすぎずです。

 

3000万あったら、年に150万〜300万円入ってくるイメージ。

アメリカの株式指標S&Pインデックスなどで積立していれば、

この範囲でリターンが得られるので、もうこれで事足ります。ハイ。お終いです。

 

 

でも僕は心配性なので、運用の舵取りをしてくれるプロにお任せしています。

F1のスポーツカーを素人が運転すると、すぐ事故しますよね。

運転はプロに任せて、助手席に乗る方が安心・安全・楽チンです。

 

プロに任せれば、世界中の株式や金融商品でバランスを取ってくれるので

コロナショックのように暴落した時でも、下落に耐えてくれるので

もっと長ーーい将来に渡って、安心、安定のリターンを出してくれます。

 

 

重要なのはリスクを抑えて、安定したリターンを出す事。です。

安全に資産構築したいなら海外に目を向けよう。

さらに、資産は世界に分散するべき。(円だけはリスク)

長期・国際分散・積立をして、将来利息生活を送り、余裕のある生活を手に入れよう

 

 

ちょっといろいろ比べてみます。

比較:NISA、iDeCo、日本の保険、その他オフショア積立

長期・分散・積立が資産構築には欠かせません。

日本でできる積立系の資産構築を比較してみましょう。

 

つみたてNISA

非課税期間:20年まで

非課税金額:月3.3万円まで

ファンド:173種類

運用:自分の選択次第

資金の流動性◎

途中で引き出したりできるので、いざという時に使えますね。

ただ非課税金額が少ないのと、複利パワーが一番大きくなる20年目から課税が始まってしまうのが悔しいところ。

 

 

iDeCo

非課税期間:60歳まで

非課税金額:12000〜68000円

ファンド数:35種類

運用:自分の選択次第

資金の流動性❌

選べるファンド数が少ない。

途中で引き出せないのがネックですね。

いざという時使えるようにしておきたいのが本音。

 

 

日本の保険

保険の積立にも色んな種類がありますが、簡単にみていきます。

非課税:なし

ファンド:なし

運用:予定利率3%と言っている積立保険は、だいたい1%の利率で全然増えません。(外資系ももれなく)

流動性も悪く、20年、30年と払い続ける割には増えないです。

最近増えてきた変額保険(投資信託型)であれば、

NISA、iDeCoの方が非課税なのでお得に積み立てられる。

日本の保険は、保障と運用を切り分けて考えるのがベスト。

 

 

と、こうやって比較してはいますが、そもそも日本の商品と比べる事がナンセンス。

目的は通貨分散!完全海外に資産を構築する事が、大切な目的です。

なぜかと言うと、円だけだとリスクがあるからです。

 

僕のやっているオフショア積立は

非課税期間:99年間

非課税金額:3万円〜50万円/月

ファンドの種類:200以上からプロが全て運用指示

資金の流動性○

運用の守り、攻め、全てプロにお任せのほったらかし投資・運用です

資金も2年のロック期間以外は自由に引き出せるので、いざという時も引き出せて便利。

 

 

ちなみに、その他オフショア積立もいくつかありますが

元本確保型のものは特に複利効果を得られない事(インカム生活を送れない)

運用が不安定なIFA、サポート体制が整っていないIFA、生命保険付き(日本人NG)などがあり

ネットには雑な情報も散見されるので、情報精査しましょう。

 

デメリット

海外オフショア積立のデメリット

・短期目線では増えません。良くも悪くも長期

・為替リスクあります。

・出金が海外送金扱いなので、数日〜数週間かかります

 

 

メリット

海外オフショア積立のメリット

・プロに運用を任せる事ができる。下落のリスクに備えてくれる。インデックス〜アクティブまで世界中の金融商品でポートフォリオ作成、及びスイッチングで運用してくれるので、安定して高い運用利率

・日本国内から加入できる

・積立開始事や、積立中、満期時に合わせて各種ボーナスがもらえる

・99年間運用で安心の長期運用

・運用中は非課税のため複利効果が上がる

 

NISAやiDeCoのいいとこ取り!

プロによるリスクテイクと、安定したリターンという理由で、僕は積立てしています。

プロが運用してくれるということは、リバランスだけではないです。

良いとこ取りには収まらず

スイッチングやキャッシュに戻したり、アクティブ、インデックスを組み込んだ一任勘定になります。

素人が未来を読むことはまずムリ。と心得ましょう。

 

 

ちなみに、貯金がない!貯金できない!という人が積立をしようとするのは大変です。

僕は貯金ゼロで積立を開始したから。

でも、今までの生活を改める機会になりますし、

始めてみれば貯金など出来なかった人でも、資産が勝手に貯まって増えていくので、

数字を見ていて楽しいです。

将来が明るくなるので、辛かった仕事も楽しくなります。

 

資産構築はゴールからの逆算

あなたは、何歳までにリタイアしたいですか?

あなたは、リタイアする時の毎月の生活費はいくらですか?

この2つの質問で、リアルなところだと

60歳には仕事もリタイアして、毎月30万円あれば生活には困らない。

こんなところではないでしょうか?

年金の事を考えない前提で計算してみましょう。

 

毎月30万円の生活を送るには、年400万円以上のリターンを得れるように考える!

400万円のリターンを年利5%の運用で得るには、資産が8000万になっている必要があります。

 

8000万を貯金で作るには、毎月26万の貯金を25年間続けなくてはいけない

まあまあしんどいですよね。自営業や、フリーランスで収入が良くても25年も走り続けられるか

ちょっと不安になるのが普通です。

 

海外のオフショア積立を活用すれば、8000万は毎月10万円の積立、25年間で作れる

ちょっと余裕を見て毎月10万ですね。

毎月10万円くらいだと、普通に貯金できている人は結構います。

25年で3000万円の積立金が、複利運用で8000万円まで育ちます。

個人事業主や、貯金のある人は毎月20万円の積立をする人も多いので

まずは年金に頼らずリタイアを目指すなら、毎月10万円くらいは捻出しましょう。

(月3万円からでも積立可能です)

 

やはりNISAやiDeCoの少額では資産構築では足りない

NISAやiDeCoの積立金額範囲内では限界があります。

大きい金額で積立・運用を考えた時、非課税制度枠から外れてしまうので、

増えた分は20%の課税対象となり、複利効果、運用効率が落ちてしまいます。

少ない金額では、運用リターンだけで生活することは不可能です。(2000万前後では足りない)

 

ニワトリを食べるな。たまごを食べ続けろ

ちょっと個人的な意見も入ってしまうのですが、金融資産だけのリターンで生活していけるようにできるのがベストです

なぜなら、貯金の切り崩し式では、先が見えるので怖くて使えないからです。

多くの人は、ニワトリを丸々太らせて食べる事が資産構築と考えてます。

でも生き残れる資産構築は、ニワトリが産むたまご(利息)だけを食べ続ける生活になるよう

たくさんニワトリを育てる事に注力した人だけです。

ニワトリを食べるのは最後の最後。

 

失敗しないためには?

大切なのは

・何で運用しているかが明確
・過去の実績が出ている
・サポート体制が明確

ここが府に落ちれば大丈夫です。

 

よくある詐欺的な金融商品は、まず誰が運用しているか、何で運用しているか不明です。

あと過去の実績が出ていない、サポートがないなどです。

なんか凄そうな人の、よくわからない話はNGです

 

月利〇〇%もNG

僕も昔失敗しましたが、月利〇〇%とか言う商品は基本あり得ないです。

個人トレーダーならあり得ますが、コンスタントには続きません。

不動産ならあり得ますが、それ以外は半年から3年以内にとびます。

世界基準は平均年利5%〜12%程度。もちろん波があります。

 

積立を開始する流れ

海外積立を開始する方の手続きは比較的簡単です。

海外から書類を取り寄せて、身分証明と住所証明、クレジットカードがあれば始められます。

開始後は、いつでもネットで運用状況が確認できたり、年に2回海外から日本に人が来て、運用報告会を日本各地の主要都市で実施してくれます。

書類の取り寄せや、詳細は問い合わせください。

 

ファイナンシャルフリーダムへの道は、そんなに選択肢は多くないです。

そして時間もかかる。

 

結局何か一つでも行動しないと、現状や将来は何も変わらないですからね。

そして受け身のままだと何も変わらない。将来の不安も解消されません。

たまにいただく質問

英語ができなきゃいけないのか?

できる事に越したことはないですが、できなくても大丈夫です。

近い未来AIが翻訳してくれるようになるので、ハードルは低くなります。

 

クレジットカードがない人は?

海外積立できません。

クレジットはメリットが大きいのに、使わない理由がわかりません。

なんだか使いすぎそうで・・という人はだいたい感情で生きている。

合理的に考える事ができないと資産構築は難しいです。

 

 

長期積立は、何よりも時間を味方に付けることが大切

1年早く始めれば、将来その1年で得られるリターンは数百万〜数千万円の違いになる

だから少ない金額でも早く始める事が大切

そして、いつまで日本人が加入できるかわからない

加入できたらお宝積立

後から出た商品で、条件が良かった事がないです。

 

 

お金に働いてもらうなら長期・分散・積立がおすすめです。

さらに、非課税の国を活用して複利を最大限に活かして運用しましょう。

情報を掴んで、いち早く動いた人から人生が明るくなりますよ

 

 

まとめ

・ファイナンシャルフリーダムになるには、リスクが低くて安定したリターンが大切(5〜10%)
・海外には非課税制度を十分活用できるオフショアという地域があり、そこを活用して複利効果を高める
・世界のプロに運用を任せて安心ほったらかし積立

将来!老後にゴリゴリずーっと働かなくて良いように、自由でゆっくり、快適に暮らすための準備してますか?

投資・運用によって得られる未来は、自由でゆっくり、快適な利息生活!

最低限の生活に困らないお金を得ること、時間とお金の自由を得ること、お金の心配と不安から解放されること、仕事がなくても困らないこと、寝てても遊んでてもお金が入ってくること。

 

それは、夢でもわがままでもなく、単純に知識と行動で作れるか、作れないかの差でしかないです。

僕は、ずーっとゴリゴリに働いて無駄に消耗する人生は嫌なので、

自由でゆっくり、快適でサイコーの未来に向かって行動し続けていきます!

 

 

 

詳しくはセミナー、もしくはLINEにて。

セミナー不定期。定員8名に達したら申込終了です。

(個人も詳細は有料になります。あしからず)

 

 

普段はインスタで情報発信してます。

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroki Kaga(@kaga_96)がシェアした投稿 -

おすすめの記事