問題は見える化させるのが一番
スポンサーリンク

DSC_1311

人はぼんやりと悩みを抱えています
ぼんやりと言うのは、悩みの問題点と課題を身言い出せない状態の事になります

僕もたまに頭を抱える状態に陥ります
つい先日まで、冬のコーチが足りないな〜なんてぼんやりと頭を抱えていたわけですが、
実際どのくらい足りていないのか、ぼんやりしていました

じゃあどのくらい必要で、どのくらい足りていないのか
去年のお客さんの入りと、対応したコーチの数を
去年の売り上げ報告書を全て見て数字に出してみました

そしたら何と、今年来てくれるコーチ達で事足りることが判明致しました。

やはり「問題を見える化」していくことが、気づき・改善するには一番ですね。

そして悩みの核である、問題点・課題点を早めに浮き彫りにさせることが
もっとも早い解決方法です

客観的に見ると簡単ですが、少し感情に流されると見れなかったりします
そう言う時にはやはり書き出しが効果的

これからもノートとペンは肌身離さず、
「わからないことがわからない状態」からいち早く脱出できるようにしていきましょうね

スポンサーリンク
おすすめの記事