スポンサーリンク

本を読んでやる気アップ!
人から聞いた話でやる気アップ!
でも、何だか数日経つとまたいつもの自分・・
ほんとに成長してるのかな?

この半年で自分を変えてやる!
1年後は劇的に変えてやるぜ!
でもどうしよう?

こんな方にアドバイス。
こんにちは「会えばみんな僕を好きになる」加賀大貴です。

僕も昔はどうやっていけば「成長し、人生が向上するのか」に悩みました。
まず「生きることの本質」について悩みました。
なぜ人間は生きていくのか、どのように生きることが正解なのか・・
しかし、世の中正解などと言うものは存在しませんし、どんな人も完璧にはなれる事はないことに改めて気付きました。

生物として見れば「子孫繁栄」こそDNAに刻まれている本能であり
自然界の法則から見ると、生きる意味としてはこれが一番しっくり来ました
子孫繁栄、つまり「より良いDNAを次に紡いでいく事」こそが生きる本質本能なのではないかと。

生物は、寿命があり、生まれた時点では全くゼロの状態から、
親や周りの人間関係、環境によって大きく生き方を左右されます。
そして死に、またゼロの状態で生まれてくる。

生物は寿命があるので、こんな効率の悪い事をしてきていますが、
進化の過程で前の世代からバトンを受け取り
また次の世代にバトンを渡す事で、日進月歩の進化で今があるわけです。

遺伝子に限らず、生活の知恵、技術、思想など、様々なものを受け継いで、また次世代に紡いでいきます。

目の前の環境にフィットするように、進化と変化を繰り返す、これが自然界の法則ではないでしょうか。

そして、より良い遺伝子にするためには、「成長」が鍵を握っています。
成長をするには、挑戦をする事です。

前置きが長くなってしまいましたが、
成長を起こすには「学び」が重要です。
学びとは体験であり、経験です。

しかし多くの人が体験だけで終わらせてしまい、経験に変えていないので
「失敗」と言うものに変わってしまいます。

失敗とは体験のままにしておくことです。

学びの本質を知り、あなたが意識して行動を起こす事によって
あなたの人生は、思っているよりも良い方向に変わっていきます。
それは僕自身が何よりも実感しています。

スポンサーリンク

学びの本質

学びの本質とは

学びの本質とは、「インプットとアウトプット」になります。
そして、受け入れてから理解してください。
受け入れる前に理解をしようとしてはいけません。

イメージ

「ふむふむ、そう言う考え方もあるんだな」=受け入れ

「じゃあ僕はこう言う風にしてみよう」=理解
「今の僕には必要ないな」=理解

インプット、アウトプット

インプット、アウトプット
よく聞く言葉ではないでしょうか?

インプットとは体験する事です
アウトプットとは経験に変える事です

これが1つで学びです。
この2つのバランスが何よりも大切です。

インプット過多に気をつける

多くの人が、知らず知らずのうちにインプット過多になっています。
インプット過多になっていると、
・自分が何をやればいいかわからない
・何が本当かわからない
・いつも他人任せ
など、自分自身すらも見失ってしまいます。

これは一方的なインプットにより、アウトプットが行われていないためです。
バランスが崩れている状態です。

余談ですが「バランスを取る事」も物事の本質になります。
世の中は、絶妙で大いなるバランスで保たれています。人間で言えば、このバランスが崩れた時に、
一例ですがストレスを抱えて、怒りっぽくなったり、肥満や病気になったりします。どんな物事もバランスで成り立っているので、バランスの本質も気付く事ができるようになれば、
物事の理解が早まるようになるでしょう。バランスを支えているのはその物事の「軸・センターピン」です。

話は戻りますが、インプットとアウトプットとは何かを見ていきましょう。

インプットとは

インプットとは「体験すること」です。
ですから何かを
見たり、聞いたり、触ったり、知ったり、読んだり
何か新しい「体験」の総称になります。
割と知識のことにフォーカスされますが、それだけではないと言うことですね。

アウトプットとは

アウトプットとは「経験にすること」です
見たり、聞いたり、触ったり、知ったり、読んだりした事を
話したり、書いたり、行動したりする事です。
自分の中に入ってきた体験を外に出す行為です。
見てどう感じたのか
聞いてどう思ったか
触ってどうしたのか
知って何を得たのか
読んで何をしたのか

体験した事を、自分の経験に変える事です。
「〇〇→だから自分は〇〇しよう」となどと言うように考えて下さい。

・綺麗な山を見た→だから、この景色をみんなにも広めよう
・いい話を聞いた→だから、明日から実践してみよう
・気持ちのいい毛布だ→だから、この毛布を使い続けよう
・嫌な噂を知った→だから、僕も噂を立てられないようにしよう
・いい本を読んだ→だから、僕はこう行動する

以上のように、自分の体験をしっかりと経験に変えましょう。

これ自体がアウトプットです。

自分をアップデートするには

効果的なアウトプットを毎日する

効果的なアウトプットとしては
インプットした事を

・人に話す
・ノートに書く
・ブログ・SNSに書く

などです。
アウトプットする事で、体験で生み出された感情や感覚が整理されるので、
余計なことに頭の容量を割かなくて良い状態になります。

体験で生み出された情報=情報量の多い重いデータ
自分で整理し切り取った経験=要点をついた軽いデータ

となって、頭というPC回路は非常に軽くなり
また新しいデータ(インプット)をしやすくなります。
行動し、継続し、初めて実感できることです。

良質なインプットから生まれる良質なアウトプット

良質なアウトプットは、良質なインプットから生まれます
なぜあの人は、あんなに優雅なんだろう?
なぜあの人は、ビジネスが上手くいっているのだろう?
と不思議に思ったことはありませんか?

なぜならば、そういった方々はみんな良質な体験(インプット)をして
自分の生活に活かせるように経験に変え行動(アウトプット)したに過ぎません。

良質な結果を求めるのであれば、常に良質なインプットと、アウトプットを意識して継続しましょう。

まとめ

まとめ
人は生きていく上で膨大なインプットをしている。
アウトプットを継続できた人達がどんどん学び、成長して
自己実現ができる。
スポンサーリンク
おすすめの記事