スポンサーリンク

将来お金の不安がない人って居るのでしょうか?

ハッキリ言って、僕は5年前、そこまで真剣に考えていませんでした。。

ただ、なんとなく自分ってこの先どうなるんだろ?と漠然と考えながら、

目の前の問題に対処する事だけに躍起になっていました。

「え?まじで?!不安すぎでしょ!」「ジミにわかる!」「なんとなく不安」「そんな先の事なんて考えない」

危機感たっぷりの人もいれば、僕のように漠然と不安のある人も居るし、安心しきっているか、または何も考えていない人まで、人それぞれだと思います。

あなたの未来は、不安だらけですか?それとも希望に満ち溢れていますか?

多くの日本人はこの長く続く不景気で、あまりいい未来を描けていないのではないでしょうか?

人口減少に伴って経済発展した国はありません。

先進国の中で、唯一アメリカだけが人口を増やし経済発展をしていて、他の国は少子高齢化が進んでいます。

それでも世界の人口は増えていますから、世界経済はどんどん伸びていくでしょう。

2100年には人口が100億人近くまで伸びる予測が出ていますから。

 

ただ、その中で日本はというと、超高齢社会で子供が少なく、借金も1100兆円ほどあり、今の上の世代の”ツケ”のシワ寄せが下の世代に”大量に”回ってくると容易に予測できます。

しかも人生は100年時代。僕たちは、いつまで長生きしてしまうかもわかりません。

そこで、お願いあるのですが、不安な人も、不安じゃない人も、ちょっと一瞬考えてもらいたいのです。

60歳に仮に引退するとします。100歳まで生きるとします。

毎月生活するのに、20万円/月 必要だとします。

さて、40年間でいくら必要でしょうか?

 

 

正解は96,000,000円 9千6百万円です。約1億円。イチオクです。

しかも、毎月20万円生活なのでそこまで豊かな生活とは言い難いですね。

人それぞれですが、老後は趣味に没頭したいですし、旅行にも行きまくりたいし、病気になったり、急な出費は容易に予想できるので僕は足りません。

こう言ったライフプランに関してや、お金の知識、お金の教育は、残念ながら日本ではほぼ誰も教えてくれません。

もちろん僕も5年前までは、鼻水を垂らした小僧状態でした。

 

でも現実はこれだけ必要です。

さらに、年金自助問題が世間を騒がせました。

頼りにしていた年金は、時代が移り変わったので、一部を自分たちで用意する必要がある!と

実際2000万円の貯金では、40年で割ると、月4万円分の足しにしかなりません。

2000万円を貯金で作るには、月4万円を40年積み立てなければ作る事ができません。

信じられませんか?

これは単純計算で導き出される真実であり、現実です。

 

でも、海外では月3万円の積み立てを約30年続けると約3000万円の資産を作る事ができます。

さらに、5~8%ほどの運用益が毎年出ていれば、毎年150万円〜240万円のリターンを安定して受け取る事ができます。

なぜそのような事ができるのか?

海外は、複利運用が当たり前だからです。

複利とは、利息にまた利率がかかり、どんどん雪だるま式に増えていく事です。

アメリカとイギリスで家計金融資産が増えているのは、税制の違いや、安定して多くのリターンを受け取れる金融資産が存在するか、しないかの違いが現れています。

昔の日本には確かに存在していた、高金利商品。銀行預金も3%から、ゆうちょは6%〜12%までありました。

でも今は、0.001%。これでは増えません。

 

加賀夫婦は、そんな絶望的な日本で働く日本人に向けて、

僕たちが出会って未来が明るくなった海外の積立を沢山の人に広めています。

 

ここ最近も、昔から仲のいい大阪の親友プロスノーボーダーや、飲み友達だった世界で活躍するカメラマンも海外積立を初めて、未来に備え始めました。

ちなみに僕の母親も、年金が不安で55歳から積立始めました(ギリですw)

将来、一緒に豊かな老後を迎えられる人達がどんどん増えてきて、加賀夫婦は嬉しく思っています。

 

でも、誰でもこの海外積立ができるワケではないんです。

きちんと対面でしかご説明できないので、加賀夫婦に会った人しか詳細を伝えられません。

僕たちも、ありがたい事に多くの方にお声がけ頂き、忙しくさせて頂いています。

定期的に行なっている、マネーセミナーも毎回満員で、次回8月のセミナーも1ヶ月半前に満員になってしまいました。

 

 

さらに、いつまでこの商品も加入できるかも誰にもわかりません。

日本は海外から見ると、カントリーリスクが年々増しているので、相対して加入条件も悪くなったり不利になったりしています。

いつまであるかわかりませんし、締め切りもいつも突然ですので、なるべく早めの決断をオススメしています。

 

僕は8月から1ヶ月ほどニュージーランドに行ってしまうので、

7月の間でしたら、個別相談も受け付けています

下記からLINEで追加して頂き、「海外積立に関して詳しく聞きたいです」とコメント頂ければ大丈夫です。

 

僕の人生が変わるキッカケとなった、海外積立

ここまで読んで頂いた「あなた」の"人生が明るく変わるキッカケ"になれば幸いだと思って記事を書きました。

今日も、最後まで読んで頂いてありがとうございます😌

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事