パートさんを集める技術 を読んで
スポンサーリンク

IMG_7508

この本は、いつも整体コンディショニングをしてくれている山本健二さんにオススメして頂きました。
今年の個人的悩みの1つであった、スタッフ問題。
勝手に休んだり、報告が遅い・しない、返事がない、なんだかてきとう・・・
本人の資質の問題か?俺の行いの悪いところが出ているのか?そんな事に頭を悩ませていました。

でもこの本を読んだら納得。
ほぼ僕の行いで改善できることが判明しました。

失敗と気付き
①小さな会社だからと言ってマニュアルを作らなかったこと、人に任せっきりにしてしまった事
②社員でもないので家の事情や本人、または本人以外の外的事情に左右されやすい
③フィードバックができていない
④休みやすい職場=働きやすい職場 というこちらとの定義の違い
⑤誰とするか、何をするか
⑥人は思ったように育たない=過度に期待しない 目的の不一致
⑦努力なくして良好な人間関係なし

という事でした

なので、これからやる事(TODO)
①マニュアル作り ー シンプルに
②フィードバック、シェアタイムの創出(合宿も)
③出勤日数で感謝ポイントもしくは時給アップの仕組みづくり
④急なシフト代打へは感謝ポイントなどの手当てを考える
⑤行動に対して結果の見える化(やる事→結果 見える化)
⑥「いつもありがとう」と言う
⑦バランスよく業務を任せる
⑧褒める時は人前で、注意する時は人のいないとこで
⑨放置して改善することはない
⑩トップとしての身の振りを考えること

とこの本を読み学びを得ることができました。
いつも必要な時に、必要な本を紹介してくれる山本さんには本当に感謝しております。
若い時にこの経験ができてラッキーでした。
直感でうまくいく人もいるかもしれませんが、僕は失敗して学んでいくタイプで
失敗した後はすごく好調になるんですよね。
だから、また1つこれからが楽しみになりました。

全ての過去の出来事に「ありがとう」と言えるようにしていきましょう。
その方が人生楽しくて幸せです。

スポンサーリンク
おすすめの記事