スポンサーリンク

WOOT SNOWBOARD PARK SCHOOLとは、

オールシーズンでスノーボードが上達したい人に向けた、フリースタイル専門のスノーボードスクールです。

安全に、楽しく、末長くをコンセプトに、キッズから大人、タイ人までもサポートしております。

 

 

現在、僕がレッスンを行なっている東日本エリアでは

サマーシーズンは、「千葉KINGS」「SNOVA新横浜」「カムイ御坂」

ウィンターシーズンは、「スノーパーク尾瀬戸倉 校」「神立高原スキー場 校」と展開させて頂いています。

常夏の国、タイの子供と一緒にオリンピックを目指すことになったり、

 

日本の子供達もグングン成長しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉田輝樹さん(@teruki__yoshida)がシェアした投稿 -

もちろん、習い事として始める子供達も沢山いますし、上達したい大人も参加頂いています✨

 

 

もともと、2012年から加賀大貴が始めたプライベートレッスンと、

西日本で西村大輔が行なっていたプライベートレッスン(コソ練CAMP)

二人とも、専門学校ヒューマンアカデミーのスノーボードカレッジ(今は廃科)出身で、共に講師経験者。

その二人が、西日本と東日本で屋号を統一して始めたレッスンが「コソ練キャンプ」なのです。

最初はオフトレ施設のみの、サマーレッスンのみでしたが、

徐々に雪上レッスンや雪上キャンプも開催し、

ついに2016年の冬、岐阜 高鷲スキー場にて「WOOT SNOWBOARD PARK SCHOOL」が常設フリースタイルスクールとしてオープン!

続く2017年の冬、群馬 尾瀬戸倉スキー場にて「WOOT SNOWBOARD PARK SCHOOL」が常設フリースタイルスクールとしてオープンすることとなり現在へと続いています。

 

なぜレッスンをしているのか

僕のスノーボードの楽しみは、「上達すること」が半分以上占めていました。

もちろん、いろんなところに行くのも楽しいし、人と笑ってコミュニケーション取ることもすごい楽しいのですが、

かっこいい技をキメたり、すごい場所でトリックを決めることが何よりも好きだったんです。

でも、スノーボードのトリックは常に危険と隣り合わせ。

僕自身も、前十字靭帯断裂、鎖骨骨折、半月板損傷、脳震盪数回、肋軟骨損傷など様々な怪我をしてきました。

普通の人はそんな怪我をすると、もうやりたくなくなってしまうのが本音ではないでしょうか?

無用な怪我はする必要もないですし、自分の実力と状況判断を間違えなければ見誤る事もなくなります。

 

さらに、僕自身は割と”感覚派”で上達してきた為、スランプに陥った時の対処法は皆無でした。。

でも徐々にレッスンや講師業を生業とし、理論を構築していく事により、自分自身の調子も上がりましたし

よりお客さんが喜んでくれる機会も増えていると実感しています。

 

 

スノーボードが好きで育ってきた僕は、スノーボード人口が減ってしまってきている現状を少しでも変える事が

スノーボードへの恩返しだと考えています。

 

 

安全にトリックにチャレンジし、上達する楽しみを共有し

一人でも多くの人がスノーボードを末長く楽しんで頂けるように

これが僕がレッスンにかける想いとなっています。

 

 

目標としては、

子供達から日本を牽引するスノーボーダーが排出され、タイの子供達が見事オリンピック出場を叶える、

それが僕自身の目標でもあります。

 

 

あとは、同じ志でスクール運営を手伝ってくれる若いコーチを探しています。

レッスン未経験でも歓迎します。

将来は暖簾を分けたり、運営自体を手伝ってくれるフリースタイルスノーボーダーを探しています。

我こそはと思う方はご連絡下さい。

woot.kosoren@gmail.com

スポンサーリンク
おすすめの記事