4年間で約300万円海外積立【16万円プラスの現状報告】

4年間、コツコツ積立を開始して、現在約300万を運用しています。

月5万円の積立で始めましたが、約1年前から月9万円に増額。

そろそろ様子を見て、月15万円程にアップしてもいいかなと思っています。

こんにちは加賀です。貯金できないカツカツ20代だったのに、30代はずいぶん成長しました。

これは、ネットでいつでも運用状況を見れるNAVIシステムです。

積立合計金額が316,800円と、利益が161,583円出ています。

1年で4万円の運用益を得たようなものなので、

一ヶ月で3300円ほど増えている計算になりますね。

 

 

海外積立に興味を持つ人は、割と貯金が数百万円〜数千万円程度ある人がいらっしゃいます。

皆さん口を揃えていうのは、「貯金では増えない」と言う事です。

いざという時の為に貯めた貯金も、何もなければただ眠ってしまっているお金・・

とはいえ、危ない投資で自分のお金がなくなってしまうのもイヤだ。

そんな方によく相談を頂きます。

 

 

海外積立は積立から2年目以降ならば、一部引き出しも可能なため、

その流動性の高さに、アドバンテージを感じる方も多いです。

不動産や、日本の保険、イデコなどでの資産運用は流動性と言う面では少し欠けますからね。

 

 

とはいえ、海外なので不安、怖いという恐怖心、そもそも怪しいという感情を持つ人も多いでしょう。

ですが、海外から見ると日本も海外なわけで、海外から見た日本の方がリスクである事を認識すべきです。

 

感情に流されて、ファクトで見ることができない人は、無理に運用せずに貯金をオススメします。

情報精査がキチンとできる人であれば、将来利息で定期的な収入を得ることは

夢にはならないでしょう。

 

ちなみに現在僕の運用は、複利がまだ効いていない状態です。

複利が効くのは、7,8年目以降。

なので、もう少し思考停止してコツコツ積み立てる事に専念致します。

 

積立当初は、タイミングによって運用益にばらつきが有ります。

しかし、複利が利き、15年、25年と運用していくと安定してきます。

 

とはいえ、利益が出るのをそんな待てません!という方はビジネスを頑張るべきです。

資産運用、資産形成は、金のなる木がいきなりできるわけでもないですし、ギャンブルでもないです。

じっくりコツコツ育てる事によって、将来長い期間、貯めたお金がお金を産み落としてくれる状態を作るのが

もっとも安全でリスクの低い資産運用、資産形成となっています。

ですが、日本ではやや厳しいです。

 

短期では見ていません。

物事は、短期で見てしまうと欲が出て、結果損をすることが多いからです。

短期で利益を出すなら、ダントツでビジネスがいいです。

 

とはいえ、ビジネスでの収入は基本的に、一生自分の手と口と足を動かさなくてはならないです。

一方運用は、寝ていても、旅行していても、デートしていても自分のためにお金を増やしてくれます。

ダラダラが好きな、割と ていたらくな自分にはこれほど理想的なことはありません。

 

ビジネスも好きですが、年をとったら生活の安全が保証された状態で、気の向くままに生活をしたいものです。

ビジネスを展開するにも、長期的にリスクが担保された上でのチャレンジ、サービスは

サービスを受ける側にとっても非常に有益なものとなると思っています。

PayPayなんかがそうですよね。巨大な資本力で、攻めたプロモーションができている。

そして消費者にとっては良い利益還元がある。

博打のようで、しっかりとバックが安定している。

 

さらに、無理にマネタイズする必要がなくなります。

無理をすると、カスタマーにしわ寄せがきます。

カスタマーにしわ寄せがくるとそれが跳ね返って、結局自分に返ってくる

経営側にとってこれほど苦しいものはないでしょう。

 

個人スケールに落としたところで、バックの安定があるかないかでは心の余裕が変わってきますね。

 

とはいえ、人生お金が全てではありません。

ただ、お金に支配される生活からは抜け出したい。

と多くの人が思うはずです。

 

個人的にはそれが、徐々に現実味を帯びてきているのを実感します。

 

まとめ

4年間の海外積立、300万円ほどで16万の利益は出ている。

今後は増額を検討し、思考を停止しつつ、将来の生活の保障のために積立ていく。

 

追記:わずか1ヶ月も経たないウチに7万円程増えました。複利が効くのは7,8年目以降ですが、こうして増えたり減ったりを繰り返し、確実に歩を進めていくみたいですね。

 

「海外積立」について、加賀夫婦で行なっているマネーセミナーはこちらから👇

個別相談も受け付けています。

下記からLINEで追加して頂き、「海外積立に関して詳しく聞きたいです」とコメント頂ければ大丈夫です。
ZOOMアプリでテレビ電話説明も可能です。

(※海外積立に関しては、以下のリンクから)

(※富裕層向けアメリカ保険に関しては、以下のリンクから)

おすすめの記事