好きな事を仕事にする時に、切り離せないモノ
スポンサーリンク

僕は好きなことを仕事にしているワケですが、
好きな事を仕事にする時に、必要なのは知識と行動力だと思っています。

好きな事を仕事にできないのは、やり方を知らないか、やるべき事をやっていないからだと思っています。
現代は、情報を得ようと思えばどんな情報もネットや本に書かれていることが多いです。

実際、20代前半の僕は「スノーボードをヤバく滑るだけでお金をスポンサーから貰える」と大いなる勘違いをしたまま、無駄な(勉強しなかった)数年を過ごしてしまいましたw(もちろんそれができているプロもいます)

お金をもらわねば好きな事も叶わず、生きていくだけで精一杯になってしまいます。

そもそも、趣味や好きな事を仕事にしようと思う人は、実際多いのでしょうか?
僕は「好きな事しかやりたくない自由人」なので、嫌なことはやりたくないです(笑)

スノーボードの事、ビジネスやお金、資産運用の事、教育の事、海外旅行、好きな事、好きな勉強ばかりしてます。

最近の嫌いな事は、細かい指示を出される事(笑)

そして「好きな事をしている人」をよく参考にしています。
好きな事している人代表、西野亮廣さんのブログに書いてあった事が、ホントその通りだよなと思ったので引用します。

引用ブログはこちら
新しく発刊された魔法のコンパスです

新・魔法のコンパス (角川文庫)

新品価格
¥713から
(2019/5/20 18:07時点)

西野さんの本は、初めて読んだのは「革命のファンファーレ」でした。

当時は読んでワクワクし、シェアリングの案を通すのにクラウドファンディングにもチャレンジしました。

当時はまだちゃんと本質を理解できていなかったので、目的と手段を履き違えてしまっていましたが、良いチャレンジになったと思っていますし、今も必要とされる声を頂いて運営させて頂いています。(スノーボードシェアリング eFiT-B

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

中古価格
¥637から
(2019/5/20 18:09時点)

 

本題ですが、ここでは「お金に目を背けるな」と言っています。

本当にこれですね、夢や好きなことを追い続けるにはお金が必要になります。

僕もスノーボードには多くのお金をつぎ込んできました。

何をするにも、どこに行くにしても最低限のお金はかかってしまいます。

アルバイトに精を出し、必要な資金を必死に貯め、それでも手元のお金がなく、泣く泣くやりたい事を諦める日もありました。

 

お金について多くの人が学ぶ機会がないので、よくわからないまま使っているに等しいですよね。

お金の本質の1つに「交換ツール」があります。

お金の話をすると、しかめっ面をしたり毛嫌いする人も多いですが、お金には感情も善悪もありません。

「個人の捉え方」に問題があるだけです。

お金というのは「提供した価値の対価」

僕は「ありがとう」の対価だと思っています。

大きい報酬を貰える仕事は「BIG THANKS」

小さな報酬を貰える仕事は「まあ、ありがとう」

表現のニュアンスは置いといて(笑)お金を頂くには誰かの役に立つ事が大前提であり、

感謝される事、役に立つ事が仕事であり、お金を頂くという事なのに、なぜ嫌な顔をするのか謎です。

それは、お金と仕事の本質を誰も教えてくれないからでしょう。

 

だから僕は「自分の好きな事」を、「誰かの役に立つ事」でお金を頂いています。

これはとても素晴らしい事だと思っています。

価値を感じなければ1円にならないものもありますし、価値を感じれば何億出しても買いたいと思うものも世の中にはあるのです。

 

好きな事が見つからない、という人もいます。
好きな事にたどり着く方法は、興味を大切にしてとりあえず取り組んでみる事が大切ですね。

好きかどうかなんて、
やってみないとわからないし
続けてみないとわかりません

嫌いと思っていた事ですら、やってみると好きになることもあります。

簡単にいうと「やってみる精神」ですね。

興味に惹かれ、実行、行動することで、あなたの好きを見つける事ができますよ。

あとはお金と仕事の本質を学び、好きを活かした自分自身の人生を生きていきましょう〜♪

 

関連記事:お金の本質とは

 

スポンサーリンク
おすすめの記事