なぜ?何で?どうして?深掘り自己対話で見える自分自身【根本関心】
スポンサーリンク

あなたの根本関心は何ですか?

こんな事いきなり聞かれても、何の事かわかりませんよね?

でも自分の根本関心がわかる事により、自分自身の枠に触れる事ができて

現状を限界突破し、レベルアップできる!としたら、少しは興味ありますか?

 

まずコンフォートゾーン「枠」についてはご存知ですか?

枠に関しては以下のブログに少し書きましたが、

自分自身で作り出した幻の限界値のことですね。

 

僕はココまでしかできない、僕なんてこんなもんだ、どうせ僕なんて・・

って自分の事決めつけていませんか?それも無意識に。

それがコンフォートゾーンです。

人間は想像できることは既に実現できる事です。

それは確かに実感できます。

 

プロスノーボーダーになりたいと思った瞬間から、僕ならなれると変な自信がありました。

こういうちょっと”いっちゃってる状態”ならば、多少の困難があろうとも実現可能ですし、

既に実現していると言っても過言ではありません。

 

しかし、想像できても自分自身で自分を否定してしまっている限り実現不可能でしょう。

僕は今、年商1億円、海外デュアルライフが夢であり目標になっています。

なぜならば、昔から普通が嫌でしたし、縛られるのが嫌いでした。

一つのところで同じ作業をし続けるのも苦痛でしたし、指示されるも、怒られるのも本当に嫌でした。

僕は、楽しく自由に、個性ある人生にしたいと根本関心をもっていたことに気が付いたのです。

そんな僕がスノーボードという個人競技を選んだことは自然でしたし、自己表現として使っていたのにも頷けました。

ちなみにこの、年商1億円、海外デュアルライフという目標は必ず達成すると感じています。

 

これは根本関心から導き出した、僕の根っこにある関心ごとです。

根本関心とは、満たしても満たされないものです。

チョコが食べたくて、食べたら満足するニーズとは違う、もっと自己肯定感とリンクするところですね。

女性が「キレイだね」「カワイイね」と言っても満足せず、もっと言って!となっている状態のそれと一緒です。

 

自己肯定感を下げているのもこの根本関心とも言えますね。

どういう事かというと、僕を例に挙げると

「宣伝するのがなんかもどかしい」→なぜ?

「欲が見えるから」→どうして見えてはいけないの?

「自分の欲を隠しているから」→なぜ隠すの?

「恥ずかしいから」→ココ

ある程度自己対話していくと行き詰まるところがありますので、そこが自己関心(枠)になってきます。

つまり僕は「宣伝」=「恥ずかしい事」とブロック(枠)のようになっていたわけです。しかも無意識に(結構宣伝してるけどw)

でも、可視化して認識した瞬間から何でそんな風に思っていたんだろうと

そう認識していた自分がバカらしくなったり、こう思っているならこうしてみよう!

と捉え方、認識が変わって今までよりも枠が広がり

レベルアップ完了です。

 

自分自身に、何でそう思うの?どうしてそう思ったの?と子供のように問いていくだけです。

そして、ある程度行き詰まったらそれが根本関心になります。

 

僕は他にも、なぜプロスノーボーダーになりたかったの?という自己対話から、

「特徴がない」という根本関心に行き着き、

だから特徴を持ちたいし、特徴を持っている人が好きなんだなと思いました。

だから、個性ある人生にしていきたいと思うわけですね。

 

じゃあ個性ある人生とは?

スノーボードを生業にしながら、資産構築業もして、コンサル業もして、海外を自由気ままに行ったり来たりする

そんな人とは一味もふた味も違った人生にしていきたいという考えがあるからなんです。

 

そのためには、移動しながらできる職業である事が前提に、年商1億以上はクリアしたいですし、

資産構築をしっかりしてリスクに備えつつも、長期でお金の心配をしなくてもいい準備を始めています。

 

皆さんはどういう根本関心がありますか?

切り口はどこからでもいいので、自分の人生にどうしてこういう選択をしたの?と問うところからスタートしてみてください😌

根本関心を見つけて、今以上のあなたになれますように!

スポンサーリンク
おすすめの記事